アイデアに価値はない!スポーツビジネスの問題点は経営者の意識にあり

これまでの日本のスポーツビジネスが活性化しなかった原因の1つとして経営者のレベルの低さが挙げられるでしょう。

言い換えるならば、日本のスポーツ産業市場が稼げない市場だったために有能な経営者が参入しなかったことが、スポーツのビジネス化を遅らせたのです。

しかし、現在はオリンピック開催が決まり、国がスポーツ産業を推進する動きを見せているため、多くのプロ経営者と言われる人がスポーツビジネスに参入するようになってきました。

今日は、これまでのスポーツビジネスが稼げなかった原因の1つである経営者の意識について考えてみたいと思います。

ビジネス思考が出来る経営者がスポーツ業界にいなかった?

ぼくはこれまでのスポーツ業界にはビジネスをするという頭がなかったのだと思います。

プロ野球やサッカーJリーグであっても、チーム経営は赤字でも親会社がそれを補填するということを続けてきました。

市場が持っているポテンシャルをきちんと把握・分析して、それに応える施策を打ち出していくという「当たり前のこと」をしてこなかっただけなのです。

確かにこれまでのスポーツ産業市場は追い風を受けている市場ではありませんでした。

しかし、他の業界では当たり前に行っていることに着手しなかった経営者の怠慢が大きな問題であったことは間違いないでしょう。

インターネットが発展しオープンソースの考え方が一般的になってきた昨今、新しいアイデアなどほとんど生まれません。

出来ない経営者は、自分の能力を過信して独自のアイデアを生み出そうと躍起になります。

出来る経営者は、先人が残した経営のやり方を自身のビジネスや時代に合うように編集し最適化するのです。

スポーツ業界の経営者は、前者かスポーツ産業で儲けようと思っていないかのどちらかだったのです。

当たり前のことを当たり前にこなせば必ずそのスポーツが持つ市場のポテンシャルまで必ず伸びます。そして、ポテンシャルまで到達すればさらにポテンシャルを拡大する施策を打ち出すことも出来ます。

今の時代、もう新しいアイデアに価値はありません。稼げている業界のやり方を忠実に実行することに価値があるのです。

まとめ

当たり前のことを当たり前にこなす。

経営状態が悪い場合は、それが出来ていないケースがほとんどです。

これまでに「経営とは何ぞや」という問いに対する答えはほぼ出尽くしました。

これからは、それらを組み合わせて上手く使う時代なのです。


筆者が運営しているPROJECT

ぜひ興味のある方はお気軽に問い合わせ・参加して下さい!

ユメルマガ(無料メールマガジン)
インターネットを使って、好きなことや得意なことで人を集めたり、お金を稼いだりする方法を全30回の無料メールマガジンで教えています。メールやSNSでの相談も無料です。

ホームページ制作代行
独自のウェブ集客理論を用いたホームページ制作を行います。新規顧客4倍、月々の売り上げ高80万円アップを達成しました。1ヶ月1案件のみですが無料相談を受け付けています。

ウェブ集客コンサルティング
月々1万円(相場は3万円~)で、効果を検証済みのWEB集客理論を学べます。コンサルティングメンバーは定員15名までとさせて頂きます。無料相談を受け付けています。お気軽にどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テニススクール集客コンサルティング

アーカイブ

当サイト管理人より

高田衛のインターネットビジネスメルマガ